昔は女性の浮気は少なかったそうですが、今は・・・

 

浮気と言えば男性がするものというイメージが強かったのですが、今や男性だけではなく女性が浮気をするケースも多くなっています。実際に別れ話や離婚についての体験談などをチェックしてみると、女性が浮気をしているから別れることになった例も沢山見つかります。

 

もちろん女性は浮気をしやすいとまでは言いませんが、昔に比べると多くなっているのは確かなことなのです。結婚して夫は仕事を頑張っていても、専業主婦をしている妻が浮気をしていることも十分にあるのです。

 

昼間は暇にしている・刺激を求める女性

 

夫婦で共働きをしているならともかく、妻が専業主婦の場合は、思っていたよりも暇を持て余していることが多くあります。子供ができたばかりで子育てに忙しい時ならともかく、子供ができる前や、ある程度成長して手がかからなくなってきた頃はその傾向が強くなります。

 

専業主婦をしていてその生活形態に慣れてくると、代わり映えのない生活に飽きてきます。そこから刺激を求めて、新しい出会いを探して浮気をしてしまうケースは少なくありません。自分たち夫婦なら大丈夫だと思っていても、実際には浮気をしていたというケースもあるのです。

 

また、共働きだからといって、安心できるものではありません。仕事をしているときにも、色々な出会いがあるのです。もちろんこれは女性だけではなく男性にも言えることですが、浮気をするのは男だから女だからという考え方は意味がないものだと知っておいてください。

 

『女でいたい』という女特有の浮気の言い訳もある

 

浮気をする女性としては、もっと『女でいたい』という主張があります。男性の場合は『男でいたい』という理由から浮気をするケースはほとんどありませんが、女性の場合だとこのような言い訳をして浮気をするケースもあるのです。

 

ここでの女というのは、妻でもなく母でもありません。恋愛をするという意味での女です。何にせよ浮気・不倫であることに違いはありませんが、実際に浮気が判明したときにこのような言い訳をする女性も少なくないため、今では十分に浮気をする理由になっています。

 

お金欲しさに風俗で働く主婦も多い時代なのは理解しておこう

 

浮気といっても、様々なケースがあります。普通に恋愛をしている場合もあれば、風俗などで働いていることもあるのです。特定の相手がいないから浮気ではないということではありません。夫のことを裏切って性行為などを行っている以上は、浮気と言っても過言ではありません。

 

風俗にも様々なものがあり、夫が絶対に帰ってこない時間に働くことはできます。夜だけが風俗で働く時間ではないのです。夜になって出かけることがないから安心していても、昼間に風俗で働いているという盲点があり、それは簡単に確認できることではありません。こうなると探偵事務所へ依頼をして、調査をしてもらわなければ証拠を押さえるのは難しいでしょう。

 

家族を、妻を養うために働いて給料を稼いでいるのに、そのお金を妻の浮気調査へ使うのはつらいことです。もちろん証拠が見つからなければ安心を得られるので、依頼をすること自体は決して無駄にはなりません。もしかしてと思うることがあるなら、まずは探偵事務所へ相談してみてください。

 

信じたくても、裏切り行為が見つかるかもしれない覚悟はしておこう

 

浮気や素行調査の料金は、探偵事務所によって様々です。安い場合は1時間5,000円以上からというところもありますが、2人体制でしっかりと調査をするところになると、1時間で16,000円というところもあります。その金額を安いと思えるのか高いと思えるのかはその人の経済状況にもよりますが、その調査で安心できるなら高いものではないはずです。逆に浮気の証拠が見つかっても、自分が裏切られ続けている状態を終わらせるためのお金になります。

 

相手のことを信じたいがために浮気調査を依頼する人も沢山います。しかし、自分が信じているからと言って、裏切り行為が見つからない訳ではありません。実際に依頼をしても、心のどこかで大丈夫だと楽観視している人は多くいます。しかし万が一のことに備えて、覚悟をすることも必要なのです。